赤ら顔ケア化粧品

保湿成分セラミドを増やすには?

 

保湿力は、コラーゲンよりもヒアルロン酸のほうが高く、ヒアルロン酸よりもセラミドのほうが高くなります。

 

コラーゲン<ヒアルロン酸<セラミド

 

となります。

 

セラミドとは?

 

肌を構成する成分で、肌の潤いを逃さないための水分保持と紫外線やほこりなど外敵から守る角層バリアの働きがあります。
このセラミドが肌で十分に生成されていれば、湿度が0%になっても水分は蒸発せず、乾燥知らずの肌でいられます。
またバリア機能がしっかり働くので、外部の刺激にも負けない肌でいられます。
赤ちゃんの肌がぷるぷるなのは、大人よりもセラミドを多く含んでいるからです。

 

 

セラミドは加齢と共に低下ます。セラミドが不足すると肌の乾燥やバリア機能の低下が起こります。
その結果、外敵の影響を受けやすい肌になってしまい、そのことが赤ら顔やニキビ・シワ・たるみなどの原因になります。
年齢を問わず、ニキビや赤ら顔でお悩みの方の大半はこのセラミド不足であることが多いと言われています。

 

 

バリヤ機能を上げて肌を健康に保ちましょう。

 

  • 皮膚の常在菌のバランスを整えること。
  • 肌のターンオーバーを正常化させる。
  • 天然保湿因子と細胞間脂質のセラミドを補給すること。

を行うとバリア機能は回復します。

 

 

セラミド配合で赤ら顔を改善する化粧品