赤ら顔ケア化粧品

赤ら顔の原因

 

 

毛細血管が拡張する以外の原因は
・生まれつき皮膚が薄い
・敏感肌やニキビ肌である
・気温の差が大きい
・食生活の乱れ(暴飲暴食、糖分の摂り過ぎ、偏った食事など)
・ストレス(仕事のストレスで情緒が乱れている)
・生活習慣の乱れ(過度の飲酒や喫煙。不規則な生活、体内時計が乱れがち)
・ウィルスや細菌などの侵入

 

などです。

 

 

 

生まれつき皮膚が薄い

 

毛細血管は顔に集中しており、特に顔の皮膚、目の周りなどは薄いので、顔が赤くなりやすい原因になっています。
敏感肌の人は、通常の健康な肌より皮膚が薄いため、外部からの刺激に弱く過敏に毛細血管が反応して拡張するので顔が赤くなりやすくなっています。

 

 

ニキビ肌の人

 

にきびが悪化し炎症すると、炎症部分全体の皮膚が赤くなります。さらに、にきびの再発を繰り返すと炎症がおさまらず、全体が赤みを伴った状態が続いて赤ら顔になります。
ニキビが炎症すると発赤が目立ち、にきび跡にも赤みが残ります。同じ部位にニキビが繰り返しできると、発赤範囲が拡大し、ニキビ自体の炎症が治っても赤みが残り、赤ら顔の原因になります

 

 

気温の差が大きい

寒い日が続くと体全体の血流が悪くなり、毛細血管の拡張・伸縮機能が低下することも、赤ら顔の原因のひとつ。温度を上げようと拡張した血管の収縮がうまくいかず、血管が透けやすくなり、顔が赤く見えるのです。かゆみが出ることもあるため、かきむしったりするとさらに症状が悪化することも。アルコールや刺激物を摂取し、血流がよくなったときも同じような状態になることがあります。

 

 

 

暮らしの中でできる対策

 

・起きたときと就寝前に白湯を飲む
・脂っこいもの、辛いもの、甘い物を摂らないようにする
・ストレスはその日のうちに発散する(カラオケ、運動、入浴、マッサージ)
・睡眠を十分にとる(就寝は12時前に)
・体の熱を排出する食材を摂る(例:キュウリ、すいか、ゴウヤ)
・便秘が気になる人は排便させる(大黄、センナ、アロエ等)

 

などがあります。

 

 

体を健康に保つと肌の状態も良くなっていきます。
食生活や生活習慣の見直しから始めましょう。

 

 

赤ら顔ケアする化粧水